2011年04月28日

循環器(心臓病)検査のお知らせ

当院では、超音波検査・レントゲン検査・心電図検査を用い、
循環器疾患(心臓病)の診断および鑑別を行うことができます。

心臓超音波検査は心臓の描出が難しく、
測定も特殊な機能(ドップラー)がついた超音波機器が
必要であるため、評価するのが難しい臓器の1つです。
そのため、心臓超音波検査をできる獣医師も限られています。

私は、これまで7年間務めた病院で循環器認定医に指導を受けることができ、
ただ今、獣医循環器認定医の資格の審査中です。

循環器疾患の代表的なものとしては、
小型犬では僧帽弁閉鎖不全症、猫では心筋症が多く認められます。

残念ながら循環器疾患は完全に治すことはできませんが、
適切な内服治療で病気の進行を遅らせることはできます。

皮膚のアトピーと同じでうまく付き合っていかないといけない病気の1つです。

「心臓が悪いと言われた。咳が増えた。最近歩きたがらない。」など、
気にかかることがございましたら、遠慮なくご相談ください。

心臓の検査は予約制になっております(緊急時を除く)。
午前中にお預かりして、夕方のご説明となります。
すでにお薬を飲んでいる場合は朝必要であれば服薬してご来院ください。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

定期的な健康診断で病気の早期発見早期治療をしていきましょう。

院長 豊福健
posted by rose-ah at 07:11| Comment(0) | 循環器(心臓病)について

2011年04月22日

マイクロチップについて

当院では、最近の地震事情のことを考慮し、
マイクロチップを常備しております。

今年1年間はマイクロチップの普及を図るために、
通常8,000円*のところ6,000円*で行いたいと思います。
*金額は税別です。

興味のある飼い主様がいらっしゃいましたら、
スタッフまでお尋ねください。

在庫数に限りがございますので、
事前にご連絡いただければと思います。

内覧会のとき、IDペンダントをお渡しいたしましたが、
個体識別に関して、現在のところマイクロチップに勝るものはありません。

なぜなら、IDペンダントは迷子中に取れてしまうかもしれませんが、
マイクロチップは皮下に埋め込まれているので無くなることがないからです。

何らかのアクシデントで迷子になり動物保護管理センターで保護されたとき、
マイクロチップがあれば飼い主様まで連絡が行きますので、
無事に戻ってくる可能性が高くなります。

マイクロチップの特徴としては
@サイズが小さく(2o×13.5o)、素材も安心
A簡単な埋め込み操作で痛みも予防注射程度
B生涯を通して有効
などがあげられます。

一生涯、大切な家族の一員として暮らすために、
当院ではマイクロチップをお勧めいたします。

これを機にマイクロチップが広がってくれたら幸いです。

*MRIやCTの撮影時、部位によっては画像に影響を与えることがあります。

院長 豊福健







posted by rose-ah at 14:17| Comment(2) | マイクロチップについて

2011年04月21日

フィラリアキャンペーンと健康診断のお知らせ

当院では、検査機関と提携しており、
フィラリア検査と血液検査(血球計算+15項目)を一緒に受けることで、
合わせて5,000円で検査をすることができます。

当院で同等の検査を行った場合、1万円ほどかかりますので、
春の予防の時期に健康診断も同時にとお考えの飼い主様に
ぴったりのプランとなっております。
血液検査のみでも承っております。

血液検査でわかるものとしては、
貧血・炎症の有無、肝機能、腎臓の異常、
血糖値や栄養状態です。

外見からは健康に見えても、
何らかの内臓疾患や血液疾患を持っていたり、
糖尿病の予備軍だったりすることがあります。

犬・猫の1年は人間の4〜5年に相当し、
それだけ成長や老化のスピードが速いといわれています。

病気の早期発見・早期治療のために、1歳を過ぎたら年1回、
シニア(約7歳〜)になったら年2回の健康診断をお勧めします。

もっと詳しい検査をご希望される場合は、
ローズ会員をお勧めしております。

年1回のペットドッグと毎月の無料身体検査により
年間を通じてペットの健康をサポートしていく
当院独自の会員制のプランです。

年会費は検査費用のみいただいております。

ベーシックプランのペットドックは血液検査・尿検査・便検査、
アドバンストプランは上記にレントゲン検査・超音波検査が追加されます。

プランはペットの状態に合わせて決めていきましょう。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。



最近、地震のストレスでペットの調子が悪くなったり、
持病が悪化したという声をよく聞きます。

何か様子が違うと感じられましたら、お気軽にお電話ください。

日頃からみている飼い主様が、おかしいと感じられたのであれば、
きっとどこかに不調を抱えているかも知れません。

こういう時期ですので、今まで以上に日頃の様子をチェックしてあげてくださいね。

院長 豊福 健