2011年04月06日

動物病院としてできること

こんばんは。豊福香織です。
先日の日記に引き続き、今日も震災に関連して書きます。

私たちにできることが何かないか、
動物病院としてできることはないかと考えてきました。

そして「緊急災害時動物救援本部」が設置されていることを知りました。
http://www.jpc.or.jp/saigai/


被災した方が飼っていた動物も、避難生活を送っています。
そして、人の避難所には入れないという問題が生じています。

緊急災害時動物救援本部は、被災したペットの救済にあたる目的で
設置されているもので、義援金、支援物資、動物ボランティアの募集を行っています。

動物ボランティアの内容としては、以下のものが挙げられています。
「動物の一時預かり」
「動物保護シェルターでの動物の世話」
「動物や物資の輸送・運搬」

私たちができることは、動物の一時預かりのみです。
けれど、必要としている方がいらっしゃるなら、少しでも力になりたい。
その思いから、動物ボランティアへの登録を行いました。

実は、当院が入居しているビルのオーナー様からは
日常的にペットを預かる業務、所謂ペットホテルを行わないで欲しいという要望がありました。

ですので、動物ボランティアに登録するに当たっては、
私たちの気持ちをお話しし、オーナー様にお願いしに行く必要がありました。
実際に預かることになれば、長期に亘ることもお話ししましたが、快く了承して下さいました。


私たちの気持ちを汲んで下さったオーナー様に感謝いたします。

そして、開院後は省資源の目的もあり、飼い主様がレジ袋は不要と仰って下さった場合、
5円を義援金として寄付したいと考えております。

また、自動販売機も設置予定ですが、その売り上げも義援金として
緊急災害時動物救援本部へ送る予定でおります。


私たちだけでは力が及ばないことです。
どうぞ皆様のご理解とご協力をいただければと思います。


いよいよ内覧会まであと3日となりました。
現在の状況では、無事に内覧会を行えるのか、11日に開院できるのか、
不安に思う部分が多々ありますが、頑張って準備を進めて参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。




posted by rose-ah at 02:51| Comment(0) | 日記