2011年11月29日

よくある質問・その2

Q.どうして獣医になったの?

先日の院長の書いた「今日は何の日?」で、院長が獣医を志した理由が判りましたね。
私も初耳でした。

そして、私たち獣医仲間がこの職業を志したきっかけが、愛犬の死、
しかもフィラリア症というのはよく聞く話です。
それ程に20数年前はフィラリア症が多かったということです。

そして、わたしもこの例に漏れず、フィラリア症で祖母宅の犬が亡くなったことが
一つのきっかけとなりました。

祖母宅の愛犬「ボン」は、私が産まれて数か月後に祖父が連れて来たそうです。
名前の由来は、非凡の「ボン」ではなく、ボンクラの「ボン」だとか・・・

当時は祖母の家が近かったので、小学校2年生で東京に来るまでは、
毎週のように祖母の家に遊びに行っていました。

そのボンが亡くなったと、小学校4年生の時に聞きました。

東京へ越し、年に数度しか会えなくなっていたので、亡くなったと聞いても実感がありませんでしたが、
祖母の話を聞くうちに現実として受け止めたのを覚えています。
お腹がパンパンになってね、息も苦しくて、最後は血を吐いて死んじゃったのよ・・・

その頃、私は動物のお医者さんという仕事があるとは知りませんでした。
もともと動物が好きだった私は、東京に来てからは毎年、
井之頭動物園や上野動物園のサマースクールに通い、飼育体験をしていました。

だから、私の夢は「動物園の飼育員になること」

ボンが亡くなってから少しして、岩手に住む私の従妹が獣医学部に進学しました。
そこで初めて「動物のお医者さん」という仕事があり、自分にもなれるかも知れないと
思ったのです。

今考えてみれば、怪我したキジバトを動物病院に連れて行ったりしていたし、
動物園のサマースクールでも獣医さんと出会っている筈なのに、
従妹が進学して初めて自分の将来を考えた気がします。

それからの私の夢は「動物のお医者さんになること」

中学・高校と多感な時期、音楽の方面に進みたいと思ったり、
獣医学科の入試倍率を突破する自信がなくて、生物系の他の方面に進むことを
考えたり、野生動物の保護活動をしたいと思ったり・・・

獣医学科に進学しても、将来の仕事についてはいろいろと悩みましたが、
自分自信の気持ちに素直になって考えた結果、今こうしてここに居ることができています。

いつも夢を応援してくれた両親と、その時々に支えてくれた人達に感謝して、
今日はおしまいです。

kao
posted by rose-ah at 17:51| Comment(0) | はじめまして

11月29日のトリミング

ダックスの空ちゃんがシャンプーに来てくれました。
病院でのシャンプーは初めてで少し緊張していましたが
トリミング中は台の上で大人しくしてお利口にしていました。

IMG_4651 (640x480).jpg

またのご来院お待ちしております。

トリマー内田
posted by rose-ah at 14:55| Comment(0) | トリミング日記