2012年03月06日

腫瘍について

2011の資料を整理をしていると、腫瘍に関する統計が出てきましたのでUPします。

現在、犬の死亡原因の第1位は腫瘍になっています。
A大学附属動物病院に来院した患者の統計を見てみると、腫瘍の患者の年齢は平均9.2歳
8歳以上では附属病院受診の40%が腫瘍理由に来院されています。
ペットの寿命が延び、人と同様、腫瘍疾患は避けては通れない病気になってきました。

発生部位、性別、犬種差については、
腫瘍の発生部位において皮膚腫瘍の次に乳腺腫瘍が多いため、
腫瘍全体では雌に多く(雄1:雌1.45) 、
乳腺・生殖器を除く部位では雄に多い(雄1:雌0.89)傾向にあるようです。

腫瘍発生の相対危険度が高い犬種は、
G・レトリバー(1.53)>シェルティー(1.43)>マルチーズ(1.18)>シーズー(1.14)
逆に低い犬種は
ダックス(0.41)<チワワ(0.46)<パピヨン(0.57)<W・コーギー(0.62)<ポメラニアン(0.63)<L・レトリバー(0.70)
となっています。

発生部位別で相対危険度が高い犬種は、
皮膚腫瘍はアフガンハンド、エアデールテリア、甲斐犬、G・レトリバー、シェルティー
皮膚肥満細胞腫は北海道犬、パグ、紀州犬、G・レトリバー、L・レトリバー、柴犬
乳腺腫瘍はマルチーズ、プードル、ヨーキー、シーズー
泌尿器(腎臓・膀胱・尿道)はスコッチテリア、シェルティー
雌の生殖器(卵巣・子宮・膣)はシェルティー
雄の生殖器(精巣)はケアンテリア、S・ハスキー、シェルティー
骨と関節はG・ピレニーズ、ボルゾイ、セントバーナード、グレートデン、アイリッシュセッター、ドーベルマン
があげられます。
*2次診療施設に来院した犬における統計ですので実際とは多少違う場合があります。

腫瘍は治せるものと治せないものがありますが、早期に発見すればそれだけできることも多くなります。
そこで、飼い主様にできるガンのチェックのポイントをお伝えしたいと思います。

1.おでき・治りにくい傷がないか、リンパ節が腫れてないか、月に2回は体を触ってみる。
2.いつもと違う行動や何らかの異常に気付いたら獣医師に相談する。
3.中高齢に達したら定期検診を受ける。

ガンの発生部位別症状のポイント
体表部:増大するしこり・難治性の潰瘍
眼:流涙・目つきの異常・左右不対称の目のサイズ
鼻:くしゃみ・鼻水・鼻血・顔貌の変化
耳:耳だれ・違和感(頭を振る)・左右不対称の耳介の位置
口:口臭・よだれ・出血・食べにくい
肺:呼吸が荒い・咳・レントゲン撮影時発見
胃:嘔吐・吐血・急激な体重減少
大腸:便に鮮血付着・排便時の違和感(しぶり)
膀胱:頻尿・血尿
骨:歩様異常(ビッコ)・腫れ・痛み

上記の点に注意しながら、愛犬の普段の様子をチェックしてみてください。
何もなければ一安心ですね。

院長 豊福健
posted by rose-ah at 11:11| Comment(2) | 病気のアレコレ豆知識