2012年04月03日

春の嵐

関東では15時から21時までが特にひどいようです。
動物たちも不安になり、鳴いたり震えたりするかもしれません。
なるべく一緒に居てあげてください。
飼い主様が不安がるとペットも動揺しますので、
笑顔でなだめてあげてください。

今日の様な日はご自宅で静かに過ごすにがぎりますね。
外出はむしろキケンです。

以下がニュースからの抜粋です。


爆弾低気圧:関東、今夜暴風の恐れ 超大型台風に匹敵




低気圧の予想進路図

 日本海を北東に進んでいる低気圧は3日午前、西日本に暴風雨をもたらしながら急速に発達した。日本気象協会によると、非常に早く勢力を増す「爆弾低気圧」で、台風に当てはめると「超大型」に匹敵する。3日夜には半径約800キロの広い範囲で風速15メートル以上の風が吹く見通し。気象庁によると、首都圏の暴風は午後3時から同9時ごろがピークで、関東地方南部では多いところで4日正午までの24時間に120ミリの雨が降ると予想されている。

 石川県能美市で82歳の女性が転倒して死亡、和歌山県でも80代女性が転んでけがをするなど強風によるとみられる被害が続出。東京都は学校に生徒の安全対策に万全を期すよう要請し、ホームページで外出を控えるよう呼び掛けている。

 同庁によると、高緯度を強く吹く偏西風「寒帯前線ジェット気流」が日本海付近で南に蛇行して寒気が張り出す一方、南から暖気が流れ込んだ。2日夜の石川県輪島市上空の気温は、高層(約5500メートル)で平年より約8度も低い氷点下30度。一方、下層(約1500メートル)では平年より約6度高い6度となっており、低気圧はこうした温度差をエネルギーに変えて急速に発達した。

 長く厳しかった冬の寒気と一気に訪れた春の暖気のせめぎ合いが発達の原因で、3月31日に首都圏で吹いた暴風もこうした影響による。

 2日午後9時に1006ヘクトパスカルだった低気圧は、3日午後9時には970ヘクトパスカルまで発達する見通し。列島の広い範囲で暴風雨となる。関東や東北、北陸で「立っていられない」とされる最大風速25メートルが予想され、新潟県では最大風速28メートル、瞬間的に40メートルを超える恐れがある。東日本と北日本の日本海側では10メートルの高波となる見込みだ。

    ◇

 悪天候で飛行機の欠航や鉄道の運休が相次いだ。3日午前11時半までに、日本航空は160便、全日空は83便の欠航を決定。JR東日本によると、上野−札幌間の「カシオペア」など3、4両日に東京や大阪を発着する夜行列車12本も運休する。【池田知広、袴田貴行】

 【ことば】爆弾低気圧

 「爆発的に発達する」ことから名付けられたとされる温帯低気圧。一般的に北緯60度付近では中心気圧が24時間で24ヘクトパスカル以上、北緯40度付近では18ヘクトパスカル以上発達するものを指す。気象庁は気象用語として使用していない。用語新設も検討されたが、「『爆弾』という表現は不快感を与える」との理由で見送られたという。
posted by rose-ah at 18:46| Comment(0) | ニュースより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: