2012年10月22日

周術期の疼痛管理

手術期疼痛管理 (480x640).jpg
先日、麻酔セミナーに参加してきました。
周術期の疼痛管理とは言い換えると、手術によって生じる痛みを手術の前後でお薬を使って和らげる治療を行うということです。
手術による痛みは術後24時間が一番強く、3日間は続くと言われています。
不妊手術などでお腹を開くと鎮痛剤を使っていても当日はお腹を庇う仕草がみられます。
翌朝になると割とケロッとしていますが、友人が盲腸の手術をしたときは1週間は痛かったと言っていましたので、動物も表に出さないだけで痛みを感じながら生活していると思います。

手術による痛みは病気の回復にも影響してきますので、痛みをなくすことは効率の良い治療をする上でとても重要なポイントになります。

手術前にすでに痛みがあってもなくても手術前から鎮痛剤を投与することは大切です。
それは鎮痛剤や鎮静剤を複数使用することにより患者が落ち着いていれば、手術中の吸入麻酔の量を減らすことができ、より安全に手術を行うことができるようになるからです。
また、手術のよる痛みの刺激が神経に記憶される前に鎮痛剤を投与することで術後の痛みを和らげることができると考えられています。

他に、鎮痛剤は複数使用することでより鎮痛効果を高めることができます。
これは違う作用機序の薬を使用することで複数のポイント(末梢神経や中枢神経)で痛みを抑えることができること、また作用時間がそれぞれ違うため鎮痛効果の切れ目を補完しあうことができるためです。

今回の講義を生かして、できる限り痛みの少ない周術期の管理をしていきたいと思います。
posted by rose-ah at 17:51| Comment(0) | 病気のアレコレ豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: